家の鍵って最新の鍵に付け替えたほうがいい?

home_keyカギは人類の進歩とともに進化を続けてきました。かつては紐を複雑に結び合わせることでカギとして使用されてきたものが、今やあらゆる不正解錠に対抗するべく、さまざまな防壁をもつカギが開発されています。それと同時にカギは紛失や不正コピーなどの危険にさらされているため、安全性、防犯性とともに利便性を追求する形での技術革新も進んできたのです。

カギの歴史は同時に錠前の歴史でもありますが、ここで決して忘れてはならないのが美和ロックのディスクシリンダーでしょう。安価で壊れにくい同社製品は、高度経済成長の時流にのってさまざまな住宅やアパート、マンションから事務所まで、あらゆる場所で導入されました。まさにカギといえば美和ロックのディスクシリンダーのことを指すという勢いで、そのシェアは拡大していったのです。

しかし、たった一種類の錠前が多くの住居で導入されているという危険性が露呈することになります。ピッキングによる被害が多発し社会現象として取り上げられたのは、まさにこの美和ディスクシリンダーの弱点をついた犯罪でした。
その後ピッキングよりも単純で強引な侵入方法が広まりましたが、これは玄関ドアのカギがひとつでは足りないという考えのもと、ワンドアツーロックという概念が一般化していったことも関係があるのでしょう。
指紋認証に代表される生体認証システムが開発技術の進歩とともに一般化しましたが、利便性と防犯性能を両立させる難しさが壁となっているともいえるでしょう。

いずれにしろ、カギは技術的な進歩を続ける分野のひとつであることは間違いありません。そうであるならば、常にパソコンのセキュリティーソフトを最新状態に保つがごとく、家のカギに最新のものを導入しておくというのは有効な手段ではないでしょうか。
侵入盗は日々新しい方法で不法侵入を試みます。あなたや家族の生命、財産を守るためであれば導入費用は決して高くはないでしょう。