空いたパチンコ台にカギを置いて台を離れたら、知らない男が台に居てカギが無くなっていた

pachinko_kagi生まれ育った地域を遠く離れて、一人で下宿生活を送っていると色々なトラブルに見舞われるものです。幸い、僕自身は大学入学に伴って実家を出る際に、これから始まる一人暮らしの心構え的なことを両親からしつこいくらい仕込まれたので今のところ特に問題は起こっていませんが、こちらで知り合った信州出身の友人はそうもいかなかったようです。
この友人、大学で講義が始まった当初から知り合った男で、陽気で何事にもあまりこだわらない性格をしています。友だちとして付き合うなら「ノリがいいので気楽」な相手ということになるのでしょうが、反面少し「うっかりしている」ところがあり、今回はこの欠点部分がモロに出てしまった格好です。

昨日、大学キャンパスにあるベンチで落ち込んでいた本人から聞いたところによると、「空いたパチンコ台にカギを置いて台を離れたら、知らない男が台に居てカギが無くなっていた」とのこと。どうも大学をさぼってパチンコ屋に行っていたら、思わぬトラブルに見舞われた様子です。
話の内容的に、はっきり言って注意不足が招いたトラブルですし、しかも学校を休んで遊んでいた際に発生したとのことで、友だち本人も親に報告し辛い様子でした。
「自分の鍵くらいしっかり管理しとけよ」と流石に思いましたが、そこは困っている友人を放ってもおけず、一緒に交番に届け出に行きましたが、僕自身も他人事と思わずに注意しておかないといけないと、一人暮らしでのトラブルに対して警戒を更に強めたのです。