置きっぱなしにしていた鍵の合鍵が勝手に!?

ai_kagiカギの置き場所を常に同じにしておくという方法は、紛失対策としては非常に有効でしょう。しかしその場所によっては、そのカギを利用した犯罪につながりかねない危険性があることも、気にかけておく必要があるでしょう。
カギの置き場所としてポピュラーなのは、玄関の下駄箱の上です。みなさんも知り合いのおうちへ行った際、入った玄関の脇にたいてい下駄箱があり、その上にはゴチャゴチャとものが置かれていて、そのなかにカギが無造作に置かれているなんてシーン、一度や二度見たこともあるのではないでしょうか。
こうしたケースは、カギへの不正なアクセスという観点から見ると非常に危険だといえるでしょう。玄関は来客が少なくとも最初に入る場所であり、来客のみになる時間も充分に考えられる場所です。その来客のなかに悪意ある第三者がいないとも限りません。その目の前に大切なカギを置いたまましおくというのは、あまりにも無防備とは言えないでしょうか。

こうしたトラブルは、職場でも充分に起こる可能性があります。例えばアルバイトや社員の多くは、出勤するとまず私物をロッカーしまうことになるという企業は珍しくないはずです。そのロッカーのカギは、おそらくかなり簡易的なものであり、マスターキーの管理も徹底されてはいないことでしょう。
そうした状況でだれかのカギに目を付けた人物が、勤務時間中にカギを盗み出し、近くのお店で合鍵を作ってすぐにそのロッカーに戻しておけば、持ち主はそうそう気がつかないことでしょう。
実際にそうした状況で勝手に合鍵作製され、犯罪被害者になったというケースもあります。いつでもどこでも、カギの管理は徹底していなければなりません。もしすこしでも自分のカギに合鍵が作られたような疑いがある場合は、カギの交換をしてしまうほうが無難でしょう。手間も費用もかかりますが、それで命と財産が守られるのであれば、決して安いということはないはずです。